ヘモグロビンA1C 測定器

自宅で5分 ヘモグロビンA1C (HbA1C) 測定器 A1CNow 自宅で5分 ヘモグロビンA1C (HbA1C) 測定器 A1CNow 自宅で5分 ヘモグロビンA1C (HbA1C) 測定器 A1CNow 自宅で5分 ヘモグロビンA1C (HbA1C) 測定器 A1CNow 自宅で5分 ヘモグロビンA1C (HbA1C) 測定器 A1CNow 自宅で5分 ヘモグロビンA1C (HbA1C) 測定器 A1CNow
ヘモグロビン測定器
A1CNow
A1CNow
4回分
本体と4回測定セット
9,980円
送料840円
(1万円以上で送料無料)
購入する

※ 本体は4回以上使用できません。

A1CNow数量
ヘモグロビンA1C測定器本体 A1CNow 1
カートリッジ 4
採血具(血液コレクター) 4
シェーカー 4
ランセット 4

A1CNow (エーワンシーナウ) 本体と4回測定セット A1CNow (エーワンシーナウ) 本体と4回測定セット

なぜヘモグロビンA1C値が大切なの? なぜヘモグロビンA1C値が大切なの?

血糖値は食後に高くなります。血糖値を測るタイミングで数値が大きく変わるため、1回の測定では糖尿病かどうかの判断ができません。

しかし、ヘモグロビンA1Cという数値は、過去1~2か月の平均的な血糖値を示す数値なので、それを見れば糖尿病 (予備軍) かどうかの判断が可能です。

なぜヘモグロビンA1C値が大切なの? なぜヘモグロビンA1C値が大切なの? なぜヘモグロビンA1C値が大切なの? なぜヘモグロビンA1C値が大切なの?

※ 2013年4月より、日本でも国際基準のNGSP値が採用となりました。この基準による糖尿病危険度早見表は下記となります。

糖尿病は不治の病。ED → 失明 → 足切断なんてことも起こり得る怖い病気です。ヘモグロビンA1C値測定の「先延ばし」は100%後悔につながります。

ヘモグロビンA1C値測定の「先延ばし」は100%後悔につながります ヘモグロビンA1C値測定の「先延ばし」は100%後悔につながります

病院での血液検査は、通院する時間や手間だけでもなかなか大変…。

その点ヘモグロビンA1C測定器【A1CNow】を使えば、誰に知られることもなく、ご自宅で 手軽に検査することができます。

A1CNowを使えば、なんと5分で測定結果が分かります!日本の取扱説明書付き。

自宅で簡単にヘモグロビンA1cが測定できます 自宅で簡単にヘモグロビンA1cが測定できます

A1CNowでヘモグロビンA1C値を確認し、きちんとした自己管理を始めましょう。

ヘモグロビン測定器
A1CNow
A1CNow
4回分
本体と4回測定セット
9,980円
送料840円
(1万円以上で送料無料)
購入する